2017年05月30日(火)15時47分

 「銘板」「レリーフ」除幕式


静岡県立大学薬学部エントランスにて

銘板・岩﨑照吉肖像レリーフの除幕式が行われました 

ー静薬創立100周年記念事業ー

静岡県立大学薬学部エントランスに「静薬の歴史を刻んだ銘板」の更新版および「岩﨑照吉肖像レリーフ」が設置されました。

薬学部の歴史は古く、1916年(大正5年)に創始者である眼科医、岩﨑照吉が自宅の庭に開校したのが始まりです。

平成29年5月26日(金)午後4時、エントランスホールにて薬学部関係者が見守る中除幕式が行われました。創始者岩﨑照吉先生の孫岩﨑光成(みつしげ)様にもご出席いただき、鬼頭宏静岡県立大学学長、横倉輝男静薬学友会会長、賀川義之薬学部長、鈴木隆薬学研究院長、今井康之副学長の手で紅白のロープが引かれ銘板とレリーフがお披露目されました。

 

平成29年5月26日 銘板・レリーフ除幕式 於 静岡県立大学薬学部

 

「静薬の歴史を刻んだ銘板」と「岩﨑照吉肖像レリーフ」は静岡県立大学薬学部エントランスの向かって左手壁面に設置されております。お近くにお越しの際はぜひご覧ください。

静薬学友会事務局 shizuyak@u-shizuoka-ken.ac.jp

コメントをどうぞ