トップページ » アーカイブ

2015年03月31日(火)16時19分

 平成26年度成績優秀者賞・岩崎賞の表彰


平成26年度成績優秀者賞、および岩崎賞の表彰式が、平成27年3月20日(金)の薬学部学位記伝達式にて執り行われ、薬学部に於いて一般教養も含め、すべての課程で最も優秀な成績を修めた学生に贈られる「成績優秀者賞」と、薬学部専門課程において最も優秀な学生に贈られる「岩崎賞」がそれぞれ、薬学科(6年)薬科学科 (4年)の卒業生に贈られました。

なお、静薬学友会からは副賞として記念品(商品券)を贈呈いたしました。

受賞者は次の通りです。

●成績優秀者賞

薬学科(6年)       横田 将史 (医薬生命化学分野) 

薬科学科(4年)    新宅 彩也加 (医薬品製造化学分野)       

●岩崎賞

薬学科(6年)         鈴木 康平 (医薬品化学分野)

薬科学科(4年)    土田 大貴 (医薬生命化学分野)       

 以下、受賞者コメントを掲載します 

平成26年度成績優秀者賞受賞にあたり 

薬学科(6年)       横田 将史 (医薬生命化学分野) 

この度は成績優秀者賞を賜り、大変光栄に思います。このような素晴らしい賞を頂けたのも、熱心にご指導頂いた先生方や切磋琢磨した友人達、そして6年間の学生生活を支えてくれた家族の存在があったからです。恵まれた環境の中で、心置きなく勉学・研究に没頭できました。温かく支えて下さった皆様に心より感謝申し上げます。

今後は、大学で培った知識や経験を活かし、新たなステージで活躍できるよう頑張っていきたいと思います。

 圧縮trimming2  横田将史

 横田 将史さん

 

平成26年度成績優秀者賞受賞にあたり 

薬科学科(4年)    新宅 彩也加 (医薬品製造化学分野)       

この度は、成績優秀者賞を頂くことができ、大変嬉しく思います。

これも共に学び、高めあえた仲間、好きな事に打ち込める環境を作ってくれた両親、熱心に教えてくださった先生方のおかげです。薬学は、科学を様々な面から深く勉強ができ、健康など自分に身近な内容を知ることができたため、日々興味をもって学ぶことができました。

社会で人の役に立てるよう、大学院でさらに専門知識や技術を磨き成長できたらと思います。

医薬品製造化学分野HP :

http://w3pharm.u-shizuoka-ken.ac.jp/~yakuzo/nitijou/14gyouji/sotugyousiki.html

圧縮trimming2 新宅 彩也加

新宅 彩也加さん

 

平成26年度岩崎賞受賞にあたり

薬学科(6年)         鈴木 康平 (医薬品化学分野)

このたびは、岩崎賞という素晴らしい賞を頂き、大変うれしく思っています。

このような賞を頂くことができたのは、熱心に指導してくださった先生方や、学生生活を支えてくれた家族や友人のおかげであると思っています。

研究室で過ごした3年間では、有機化学という非常に面白い学問に打ち込むことができ、充実した学生生活を送ることができました。今後はさらに有機化学と向き合い、社会で活躍できるように頑張っていきたいと思います。

 圧縮trimming2 鈴木康平

 鈴木 康平さん

 

平成26年度岩崎賞受賞にあたり

薬科学科(4年)    土田 大貴 (医薬生命化学分野)

この度は、岩崎賞を受賞させて頂き、大変光栄に思います。

4年間の大学生活は、薬学の勉強、そして研究に対して向き合い、真剣に取り組むことで非常に充実したものになりました。これも今まで私を支えてくれた家族、共に切磋琢磨しながら勉強や研究に励んだ友人、熱心に指導して頂いた先生方のおかげであると思っています。

大学院に進学してからは、これまで以上に一生懸命に研究することで、成長し、薬学の進歩に貢献できる研究者になれるように努力したいと思います。

圧縮trimming2 土田大貴

 土田 大貴さん

 

Posted by 静薬学友会| コメント(0)
2015年03月31日(火)15時05分

 平成26年度はばたき賞の表彰 


平成26年度はばたき賞の表彰が、平成27年3月20日(金)の薬学部学位記伝達式にて発表され、授賞式は3月30日(月)に学長室で執り行われました。「はばたき賞」はハンディキャップを乗り越えて学業に励む学生を称え、贈られる賞です。

本年度は 大学院 薬食生命科学総合学府薬科学専攻 薬化学講座 修士2年 森 敬介さんが受賞しました。

http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/news_topics/news20150330habataki/index.html

以下、薬学部での初めての受賞となった森敬介さんのコメントを掲載します。

平成26年度はばたき賞 受賞にあたり 

大学院 薬食生命科学総合学府薬科学専攻 薬化学講座 修士2年 森 敬介

今回、卒業・修了者の中より私をはばたき賞に選んでくださったことに、心より感謝致します。

受賞の折、本学の校章は富士山と羽ばたく鳥から成ると説明を受け、自分がどのように羽ばたいてきたかと思い返しておりました。しかしそれは指導してくださった教授の方々や自分を支えてくれた家族という追い風があってこそであり、自分一人では飛べぬものだったと痛感しました。

この追い風に応えるべく、より一層の高みへと飛び立っていく所存です。

 森 敬介さん

 

Posted by 静薬学友会| コメント(0)
2015年03月27日(金)14時47分

 静岡県支部総会が行われました


平成27年1月25日(日)に静岡市葵区伝馬町のホテルシティオ静岡で静岡県支部総会を開催しました。今回の総会で役員改正を行い、私、杉井邦好(昭和55年卒)が支部長を務めさせていただくこととなりましたので、よろしくお願いいたします。

総会には来賓として横倉会長、木苗学長をお招きし、約60人の会員に御参加いただきました。今年の総会にはできるだけ若い方々にも参加いただくよう声かけをし、平成26年卒の杉山智啓君をはじめ、平成年代の卒業生も18人参加いただきました。

総会後の講演会では、私が「危険ドラッグの現状と対策」、本年度で御退官される木苗学長にこれまでの集大成といえる「健康長寿社会への挑戦と私の役割」について御講演をいただきました。

また、懇親会では、若い方から大先輩までの幅広い年代での懇親を深めることができました。

今後の静岡県支部の運営にあたっては、できるだけ多くの若い方々にも御参加いただいて支部活動が活性化するよう役員一同知恵をしぼっていきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

静岡県支部長 杉井 邦好

(昭和55年卒:静岡県健康福祉部薬事課長)

危険ドラッグの現状と対策の講演(筆者) 木苗学長の御講演

03 木苗学長、横倉会長を中央にして記念撮影
木苗学長、横倉会長を中央にして記念撮影

Posted by 静薬学友会| コメント(0)
2015年03月11日(水)14時52分

 静薬学友会賞 平成28年度 候補者募集について


静薬学友会賞
平成28年度 候補者募集について

静岡県立大学薬学部同窓会(静薬学友会)では、会員相互の親睦と学識及び職能の向上を図るとともに、静岡県立大学薬学部及び大学院薬学研究院の発展に貢献し、併せて社会に寄与することを目的に、会員の顕著な功績を表彰し、今後の活躍を奨励する「静薬学友会賞」の候補者を下記の要領で募集します。

1. 資格
(1) 原則として平成28年4月1日現在で5年間以上継続して (静岡県立大学薬学部または大学院薬学研究科(院)に在籍していた期間も含む) 静薬学友会の会員であること (自薦・他薦可)。
(2) 平成28年4月1日現在で静薬学友会の理事に相当する者が応募する場合、本賞の表彰選考委員会から除外する。
(3) 本応募時に、静薬学友会の会費を納入した会員であること。

2. 対象とする業績
個人またはグループ (募集資格に該当する者に限る) に対して、薬学、薬事に関連した分野またはその他の分野に関して優れた業績を表彰する。本年度の募集分野は、「①薬剤師の職能向上に大きく貢献した活動」または「②社会に大きく貢献するものを提供した研究成果」とする。

3. 応募方法
下記応募書類を書留便で、下記の本会事務局までお送りください。
(1) 本会所定の応募申請書 1部
(2) 募集分野に関する主たる業績 (学会誌、業界紙、学術雑誌の論文、報告、記事、メディア報道など) の別刷およびその参考となる資料のコピー 最大5つまで 各 1 部
(3) 応募書類の継続5年以上の本会会員である欄にチェックしてくだい。

4. 審査方法
当会で設置した表彰選考委員会において選考し、理事会で決定する。

5. 締切: 平成27年10月末日(消印有効)

6. 受賞件数: 2件程度 (賞状、副賞)

7. 受賞者の決定: 平成28年1月

8. 授賞式:  平成28年度 静薬学友会 総会(5月頃)

9. 受賞講演:  平成28年度 静薬学友会 総会

10. その他
(1) 応募用紙は静薬学友会ホームページからダウンロードしてください。または、切手120 円分を添えて下記連絡先まで請求してください。
(2) 応募書類の送付、照会は下記連絡先にお願いします。
(3) 応募書類は、返却しません。
(4) 受賞者の氏名、受賞テーマは本会のホームページに掲載します。
(5) 受賞者には、静薬学友会 総会(5月頃)で開催される授賞式への出席ならびに受賞講演をお願いしております。また、学友会誌への原稿執筆をお願いしております。

↓応募用紙はこちらよりダウンロードしてください

静薬学友会賞 平成28年度募集要項・申請書

★問い合わせ・連絡先
〒422-8526静岡市駿河区谷田52-1 静岡県立大学薬学部
静岡県立大学薬学部同窓会 (静薬学友会) 事務局 在室時間10時~15時
shizuyak@u-shizuoka-ken.ac.jp 電話 (054) 265-8763 FAX (054) 265-8769

Posted by 静薬学友会| コメント(0)