トップページ » アーカイブ

2013年06月10日(月)13時50分

 平成25年度静薬学友会総会を開催しました


総会
平成25年5月19日(日曜日)、平成25年度静薬学友会総会をホテルシティオ静岡で開催しました。今回の総会には、51名の会員が集結しました。
まず、渡邉学理事の司会により大石副会長が総会開会を宣言しました。
議事は議長の若林敬二理事の進行により滞りなく行われました。
横倉会長より事業報告と事業計画、池田理事より会計報告と予算案が伝えられ、採決されました。また監事の大村洋一氏より監査が適正に行われたとの報告がありました。
各支部長からは、この一年の活動報告と今後の支部会の予定が発表されました。



開会挨拶 大石悦子副会長

横倉輝男会長 挨拶

木苗直秀学長 ご挨拶

野口博司薬学部長 ご挨拶

池田雅彦理事 会計報告

大村洋一監事 監査報告

河本光宏 関西支部長

中村真典 関東支部長

太田正昭 静岡県支部長

閉会挨拶 高橋千恵子副会長
講演会
特別講演会では昨年度生物薬品化学分野教授に着任された、武田厚司先生(昭和53年卒)にご講演を頂きました。
タイトルは「亜鉛シグナルから視た認知症とうつ病の解析」
生体内亜鉛不足が認知症やうつ病の一因である可能性に着目し、ご自身の研究テーマである脳の機能への影響とそのメカニズム、また予防方法についてお話をいただきました。
ご講演後は、鈴木隆座長の司会により活発な質疑応答がおこなわれました。

講演会の様子

武田厚司講師
● 懇親会
夕方からの懇親会では、学生時代に戻って研究室やサークル活動の思い出について語り合いながら、なごやかな時を過ごしました。
また卒業生としてこれからの学友会の活動をいかに充実したものにしていくか、また学生に対してどのようなサポートが出来るかなど、活発な意見交換が行われました。
 

懇親会では和やかに歓談

平成25年度静薬学友会総会
 
平成25年度静薬学友会総会で決議されました事業報告、計画および会計報告、予算につきましては静薬学友会報第78号(平成25年10月1日発行)に掲載いたします。
 
問合せ先 静薬学友会事務局
メールアドレス shizuyak@u-shizuoka-ken.ac.jp
 
Posted by 静薬学友会| コメント(0)