2017年04月21日(金)14時21分

 【同期会だより】昭和45年卒同期会in仙台


平成28年10月22日23日、今年は杜の都仙台の奥座敷秋保温泉での開催です。伊達政宗が築いた歴史の数々が今なお残る仙台はゆったりと時が流れているようです。そんな街をぐるっと一周り、ループル仙台旧乗車券で巡るのが情緒があるのではと思います。晩翠草堂・瑞鳳殿青葉城をめぐり広瀬川を何回か通り、最後は定禅寺通りで降り、そのままアーケード街を歩仙台駅まで戻ってきます。広瀬川河原では芋煮会の真っ盛り、あちこち数人から十数人のグループで芋煮会を楽しんでいるのを見かけました。

今年の会場は有名な「佐勘」。読み方を「さすけ」と間違えた人もいましたが正しくは「さかん」です。5つ星正宗公の湯浴み御殿として保護され1000年以上も続いています。2016年G7仙台サミットの会場にもなり、なお一層有名になりました。こちらの宿は櫻井君が予約してくれました。今回は仙台在住の北脇さんも幹事を引き受けて下さり山本君、後藤守君、櫻田君の4人がお世話して下さいました。

仙台駅から送迎バスとタクシーに分乗し約1時間、名取川のほとり紅葉の名所でもある佐勘に着き、幹事室での0次会に続き宮城郷土料理に舌鼓を打ち、酒量が落ちたせいか中宴会も無事済みました。

 昭和45年卒同期会 H28.10.22   於 佐勘(秋保温泉 仙台)

今年は女性4名、男性18名、おなじみの仲間が集まりました。幹事室での2次会も朝まで飲み喋る体力はなくなり、皆さん静かに眠りにつきました。

朝食バイキングは広いホールにその場で焼いているパン、大鍋に湯を沸かし、その場で茹でてくれる温野菜、その場で作ってくれる海鮮ちらしetc、楽天トラベル朝食バイキングで第2位になったという素晴らしいものでした。その中でも一番の目玉は、生ビール・ワインも用意されているという大感激、大満足の朝食でした。

2日目は松島観光に向かいました。仙石線に乗り40分、松島海岸駅に到着、松島湾クルージングです。当日は日曜日で観光シーズンでもあり船着き場には大勢の人が並んで待っていました。あの後からでは座れないだろうなとちょっとガッカリしながら待っていると案内された場所には貸切船がいました。おかげでゆっくり座って湾内一周出来ました。これも櫻井君が手配してくれていました。

東北の震災では津波で島の一部が崩れたところもあったようですが、その島々が緩衝材となって陸地への津波が防がれたそうです。五色堂も残り、瑞厳寺も境内まで水が来たものの建物には被害が及ばず無事な姿を見ることができました。

お昼は漁協直営の「丸徳漁業部」店で生あわび(とこぶしか?)等の海の幸をいただき少々のビールとお酒でホロ酔いのそぞろ歩きを楽しみ仙台駅に引き返し解散となりました。

来年は赤穂姫路城観光です。乞うご期待、そして多くの仲間が参加して下さることを願います。幹事の皆様有難うございました。

大村啓子(昭和45年卒)

同期会報告の掲載について

同期会報告を静薬学友会ホームページに掲載いたします。開催報告を静薬学友会事務局までお送りください。

静岡県立大学薬学部同窓会(静薬学友会)事務局
email: shizuyak@u-shizuoka-ken.ac.jp

Tel 054-265-8763 Fax 054-265-8769 
(事務局在室時間 10:00~15:00)

Posted by 静薬学友会| コメント(0)
2011年10月17日(月)13時02分

 創立25周年記念事業 薬学部ホームカミングデイ


創立25周年記念事業
薬学部ホームカミングデイについて
 
静岡県立大学は昭和62年(1987)4月1日に誕生し、今年度で25周年を迎えます。そこで、大学の近況に触れ、恩師や同窓生同士が情報交換を行い、親睦と交流を深めていただくことを目的にホームカミングデイを大学祭の初日(10月29日土曜日)に開催いたします。ご学友、ご家族とお誘い合わせて、懐かしい母校での語らいをお楽しみください。

 

 
開催日:平成23年10月29日(土)15:00~17:00
会場:薬学部棟3階6329講義室
 
プログラム:
1.開会のあいさつ
今井康之 薬学部長
 
2.静薬学友会祝辞
若尾直司 会長 
山田静雄 副学長
 
4.自己紹介(同窓生、旧職員)
 
6.交流会
          ☆お菓子とお飲物を準備いたします。
 
7.閉会のあいさつ
                            豊岡利正 研究科長
 
Posted by 静薬学友会| コメント(0)